断熱・耐熱カバー/バルブ・配管・機械・装置の耐熱・保温・耐塵・耐油・耐薬品カバー 結露、凍結防止・省エネ・断熱に効果を発揮

新潟県見附市 エレベーター部品・エレベーター天井 製作施工 エレベーター改修 石川製作所

ファインジャケットはスチーム配管、バルブの保温 冷温・低温用の結露防止 高温装置の保温・断熱・耐熱カバー 屋外配管の凍結防止に効果を発揮します

【経費削減効果試算】
ファインジャケットを貴施設に設置した場合、どのくらいの経費削減になるかを算出いたします。 省エネメリット計算表(PDFファイル)をプリントアウトしていただき、必要事項をご記入の上、弊社までFAXください。

断熱・耐熱カバー 省エネ改善提案事例と効果

*『社会福祉・介護事業における省エネルギー実施要領作成検討委員会』資料より

蒸気バルブの保温

蒸気バルブの保温は、(財)省エネルギーセンターより発信されている省エネルギーの実施要領の中で提言されている重要な方策の一つです

現状の問題点

某大規模病院(延床面積60,000u)では、蒸気配管のバルブが保温されていないため、表面からの放熱損失が大きい。

改善対策

蒸気バルブは形状が複雑なため、着脱容易な保温カバーで保温し(カバーをマジックバンドで留める方式)、放熱損失を防止する。

効果
  • ガス削減量  42,549立方メートル/年
  • 原油換算削減量  42,549立方メートル/年×1.16KL/千立方メートル=49.4KL/年
  • CO2削減量  42,549立方メートル/年×2.28t/千立方メートル=97.0t/年
  • 節約金額  42,549立方メートル/年×41円/立方メートル=1,745,000円/年

省エネに関するさらに詳しい資料はこちら>>>

耐熱ラギングカバー/ファインジャケットの特徴

ファインジャケット設置例 ファインジャケット設置例

着脱が簡単

工場でつくられたジャケットを現場で簡単に取り付けられる構造で、短時間に現場作業が完了します。また、マジックファスナーで用意に取り付け、取り外しが可能。バルブ、機器類のメンテナンス時に大変便利です

省エネ効果が抜群

ファインジャケットを取り付けることによって、熱エネルギーの放散を防ぎ、燃料費の大幅な節約ができ、省エネに抜群の効果を発揮します。

快適な作業環境

高熱を発するバルブ、装置、機械類などによる火傷や衝突事故から働く人達を安全に守ります。また、放散する熱量を防ぐことにより、室内の温度を低下させ、快適な労働環境を作ります。

あらゆる装置、機械に取り付けが可能

ボイラー、タービン、熱交換器、金型、各種成型機など、高温を発生するものにぴったりフィットした形状に製作が可能で、しかも、メンテナンス時には簡単に着脱できます。

バルブ・配管類は規格品

各種バルブ、直管、L字管等各種類、各口径が常時在庫されており、緊急のご要望にも即時対応できます

規格品の種類

  • グローブバルブ、ゲートバルブ、ボール弁、減圧弁、Y型ストレーナー、チャッキ弁、フランジ、盲フランジ、直管、L字管
  • 圧力10K、20K
  • 口径15A〜300A

△上記の品種は常時在庫品として用意されています。

特注品の種類

  • ボイラー、タービン、スチームヘッダー
  • 各種タンク、熱交換器
  • 金型、ゴム成型機
  • 耐熱遮断カーテン、熱遮断壁
  • 各種ダクト
  • その他高温発熱体の保温、耐熱カバー

△上記の品種は寸法を採り製作いたします。

お問合せはこちらから

▲このページのトップへ戻る

貴施設の経費削減額を算出いたします

ファインジャケットを貴施設に設置した場合、どのくらいの経費削減になるかを算出いたします。
省エネメリット計算表(PDFファイル)をプリントアウトしていただき、必要事項をご記入の上、弊社までFAXください。

取付例

工場やビルのバルブカバー、スチーム配管カバー

バルブ・スチーム配管カバー バルブ・スチーム配管カバー バルブ・スチーム配管カバー

バルブ・スチーム配管カバー バルブ・スチーム配管カバー バルブ・スチーム配管カバー

バルブ・スチーム配管カバー

冷温、低温用

冷温・低音用カバー 冷温・低音用カバー

ボイラー、熱交換器、タービン、スチームヘッダー用カバー

ボイラー、熱交換器、タービン、スチームヘッダー用カバー ボイラー、熱交換器、タービン、スチームヘッダー用カバー ボイラー、熱交換器、タービン、スチームヘッダー用カバー

ボイラー、熱交換器、タービン、スチームヘッダー用カバー

ボイラー、熱交換器、タービン、スチームヘッダー用カバー(寒冷地用)

ボイラー、熱交換器、タービン、スチームヘッダー用カバー ボイラー、熱交換器、タービン、スチームヘッダー用カバー

排気管ラギング(左) マフラーラギング(右)

排気管・マフラーラギング 排気管・マフラーラギング

真空ポンプ用カバー(一番右はヒーター入り)

真空ポンプ用カバー 真空ポンプ用カバー 真空ポンプ用カバー

ロボットプロテクター

ロボットプロテクター 溶接ロボットや塗装ロボットのプロテクターとしても使用し、耐熱・防塵・薬品・油からロボットを守ります。

ファインジャケットの素材について

ファインジャケット表面材1表面材:ガラスシリコンクロス

ファインジャケット表面材2表面材:フッ素ガラスクロス

ファインジャケット断熱材1断熱材:ホワイトグラスウール

ファインジャケット断熱材2断熱材:グラスウール

事前に現場の環境(温度・用途など)を把握いたし、適応する素材を選んで製作いたします。

お問合せはこちらから

▲このページのトップへ戻る

社会福祉・介護事業における省エネルギー対策について

※『社会福祉・介護事業における省エネルギー実施要領作成検討委員会』資料より抜粋

社会福祉施設や介護施設にける省エネルギー対策の現状

 わが国の社会環境は、今後さらなる高齢化・少子化が進むことが確実である共に、地球温暖化抑制の対策実現が急務のテーマといえます。このような社会環境の中で、社会福祉施設や介護施設は社会的位置付けから鑑みても、環境にやさしい建築施設として再整備してくことが望まれています。
 一方、当該施設職員に省エネルギーや省資源に対して充分な知識がある場合が少なく、また、建築設備に必ずしも明るくなく、且つ施設自体のエネルギー消費量など全体を把握するデータも少ない場合が多いのが実情です。さらに、施設として最適な設備方式や運用のためにどうしたらよいかが分からないなどの現実もあります。

省エネの着眼点

 省エネ活動を進めるにはまず、無駄の排除から始めます。そのほか着眼点を変えてできるところから手を付けて順次範囲を拡大していくことがポイントです。
出典:(財)省エネルギーセンター「業務用ビルにおける省エネ推進のてびき」
省エネの着眼点

社会福祉・介護事業のエネルギー消費の特徴と運営面の方策

 入所施設は24 時間居住し続けることなどから利用者・利用時間帯を勘案すれば、施設用途的には「ホテル」が近く、感染管理も含めて医療行為が一部あることから「病院」的機能も含まれています。
 一方、生活するという基本的視点からみれば「共同住宅」に近いともいえます。特に、これからの障害者・高齢者関連施設のみならず社会福祉施設全般は地域で暮らす流れとなることから、「住宅」的 視点で考えることが大切でしょう。
 また、利用者のニーズとして温湿度に敏感に反応するケースが多いといえます。特に、高齢者は高温多湿の空調環境を望む傾向が強く、冷房はあまり望まず、空調吹出し風が直接体に当たることを嫌がる人が多い。冷房であれば、どちらかというと輻射冷房方式が望まれ、さらに、心身が要介護状態 にあれば、自分自身で空調や照明の管理ができないこともあります。 
出典:(財)省エネルギーセンター「オフィスビルの省エネルギー」
使用者による省エネ方策

エネルギー消費原単位の比較

下図に示すように、社会福祉・介護施設(特別養護老人ホーム)のエネルギー消費原単位は2,390 (MJ/u年)で、「ホテル」や「病院」というより「スーパー」と「事務所」の間に位置し、共同住宅 に近いといえます。
((財)省エネルギーセンター・特養は東京都社会福祉協議会及び(株)エネルギ ーアドバンス調べ) 一次エネルギー消費量原単位 MR/u・年

省エネ改善提案事例

  • 室内温度の適正化
  • 照明の人感センサ制御
  • 自動水栓による節水
  • 蒸気バルブの保温
  • 窓ガラスからの日射負荷低減
  • エレベーターのインバータ制御
  • 脱衣室エアコン及びフロアヒーター、浴室パネルヒーターの運転適正化
  • 節水型シャワー導入による水及び熱エネルギーの低減

さらに詳細なデータも。「ファインジャケット」特集ページへ>>>

お問合せはこちらから

▲このページのトップへ戻る